読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RiveraJPのブログ

ゲームについて

【ハースストーン】S25 スタンダード レジェンド ウォーロックzoo デッキレシピ

御機嫌よう。Riveraです。

今回はスタンダード(S25 旧神のささやき環境)でレジェンド200~300位辺りをうろついていたウォーロックzooデッキの紹介になります。

f:id:RiveraJP:20160501182139p:plain(スクショ撮り忘れましたが最高順位は212位でした)

f:id:RiveraJP:20160501183044p:plain

 

旧神のささやきリリース直後はクトゥーンドルイドを使っていたのですが、zooやアグロシャーマンといったアグロ系デッキにボコられ、300位代だったレジェンドランクが1000位代まで落ち込んでしまいました。リリース直後にクトゥーン系の遅いデッキが流行るのは目に見えていたので、賢い人は皆速いデッキを使っていたんですかね。見事にカモられてしまいました。

そこで、私もアグロ系デッキへの乗り換えを検討し、zooを使ってみる事にしました。

アグロシャーマンでもよかったのですが、呪文を引きまくる手札事故が怖かったのと、zooとアグロシャーマンの対戦はzooが有利だと思ったので、zooにしました。

zooを使ってからはかなり勝率が良く、カモであるクトゥーンドルイドはもちろん、苦手とされるコントロールプリーストやウォリアーにも数のゴリ押しで勝ててしまい、1000位から一気に200位代まで上げることが出来ました。

ただそこからはzooの使用経験不足か、200~300位代で足踏みしてしまい、最終的に306位でシーズンを終えました。(またもスクショの撮り忘れ)

 

 

それではデッキ解説に入りたいと思います。ただ、先程書いた通りzooの経験はあまりないので、マリガンやプレイングについては上手く書ける自信がありません。なので、各カードの採用理由・なぜ採用したのかについてだけ書いていこうと思います。

 

禁じられし儀式

いつでも使える"闇への抵抗"といった感じでしょうか。各種バフや"ナイフ・ジャグラー"、"ダークシャイアの議員"、"串刺しのゴーモック"ととにかく色々なカードとのシナジーがあるので採用しました。場にミニオンが並ぶのでこれでAoEを誘って云々という使い方も出来ます。

 

凄まじき力

1マナ4点バフ。トークン系との相性がよく、リーサルにも使えます。単純に強いと思ったので採用しました。

 

アージェントの従騎士

スタンダードにおいて貴重な場持ちの良いミニオン。バフや"串刺しのゴーモック"との相性がいいので採用しました。"取り憑かれた村人"との兼ね合いでピン挿し。

 

ヴォイドウォーカー

1/1/3のスタッツ、そして挑発持ちと強い要素しかないので採用しました。

序盤にポンと置いてもよし、中盤終盤に余ったマナで置いて相手に有利なトレードをさせるのを防ぐのもよしと万能なミニオンです。

 

取り憑かれた村人

"アージェントの従騎士"と同じ理由で採用しました。ただこいつは"凄まじき力"、"ナイフ・ジャグラー"、ダークシャイアの議員"とのシナジーがあり、確定除去で破壊されても後続が残るので2枚挿しです。やはり断末魔召喚ミニオンは強いです。

 

炎のインプ

1マナで攻撃力3はアグロにて最強だと思ったので採用しました。このデッキ唯一の攻撃力3なので、"ノースシャイアの聖職者"や"トンネル・トログ"と言った面倒なミニオンの処理の為に頑張ってもらうこともあります。(基本はバフで倒します)

 

鬼軍曹

2/1のミニオンを出しつつバフし、有利なトレードをすることが出来ます。zooのコンセプトに沿ったカードだと思ったので採用しました。初手で1マナがこいつだけの時は相手にもよりますが基本素出しします。

 

ダイアウルフ・リーダー

低コストやトークン系のカードが多く、最大限の力を発揮できると思ったので2枚採用しました。これでトークンを上手く活用できる試合は大体勝てます。

 

ナイフ・ジャグラー

こちらも低コストやトークン系のカードとの相性が良いと思ったので採用しました。特に新カードの"禁じられし儀式"や"マーロックの鯛ド変態"との相性はバツグンです。ナイフの飛び方で勝負が決まることもあり、弱体化されましたがzooにおける強さはまだ健在と感じました。しかし、ただ出すだけではただの2/2になってしまったので、マリガンでキープする事は減った気がします。

 

マーロックの鯛ド変態

挑発を出しつつ2体展開するというのが相手の意表を突けていいなと思い採用しました。"ナイフ・ジャグラー"を守りつつナイフを2本飛ばしたり、"串刺しのゴーモック"のトリガーになってくれたりと中々有能ですが所詮は挑発が付いただけのタイドハンターで、挑発が生きない場面ではあまり仕事をしないと感じたためピン挿しにしました。

 

闇の売人

低コストミニオンをポンポン出すzooのコンセプトに沿ったカードだと思ったので採用しました。ウォーロックの1マナは"ヴォイドウォーカー"、"炎のインプ"、"凄まじき力"、"取り憑かれた村人"、"魂の炎"、"聖遺会の探求者"など強力なものが多く、その状況にあったカードを持ってこれるのでこれと併せて3マナ以上の仕事をしてくれることが多いです。

 

インプ・ギャングのボス

3/2/4と良好なスタッツを持ちながら、トークンを生み出すことが出来、序盤の戦線を維持しつつバフの対象を残せ強力だと思ったので採用しました。疑似的なAoE耐性があるのも偉いです。

 

ダークシャイアの議員

こいつにボコられたのがzooを使うきっかけでもあったカードです。"禁じられし儀式"とのコンボはゲームエンド級の凶悪なコンボです。普通に使って1体出すだけでも3/2/5と3マナ最高のスタッツになるので、適当に3ターン目に出しても問題ないと思います。相手からしたら相当なプレッシャーです。

 

アルガスの守護者

ボードを取ることに長けたzooと相性のいいカードだと思ったので採用しました。バフと挑発が同時につくので、有利なトレードをするのにも、フェイスを殴って詰めの状況に持っていくのにも使える強力なカードです。

 

串刺しのゴーモック

効果が発動した時の強さは4マナ最強レベルで、このデッキでは簡単に効果の発動条件を満たせると思ったので採用しました。顔に打てるのがとても偉く、疑似的なフィニッシャーとしても使えます。

 

ドゥームガード

フィニッシャー枠として採用しました。"リロイ・ジェンキンス"と違い、体力が7と高いのでトレード要員としても使えるのが便利です。

 

海の巨人

ミニオンを大量展開するzooと相性がいいと思ったので採用しました。手札事故を嫌ってのピン挿しですが、相手の場も参照にするので、zooが流行っている環境なら2枚挿しもアリだと思います。

 

以上です。このデッキはレジェンド1枚、エピック1枚以外はコモンとレアなので、初心者にも組みやすい思います。"串刺しのゴーモック"が無い場合は"ダークアイアンのドワーフ"、"海の巨人"が無い場合は"フロストウルフの将軍"を入れてみてもいいでしょう。それでは、何かあればコメントまで。S25お疲れ様でした。